ウッドデッキのお手入れ方法

こんにちは、テラス木蓮 泉です。

ウッドデッキは天板が上を向いているので、フェンス等より経年劣化しやすいです。
日陰だとコケもつきがち。

お手入れ次第でもちがかなり違います。
レッドシダーのネットショップ「ウッディロバート」さんで、デッキのお手入れについて詳しく書かれていましたので
ぜひお読みください。
(レッドシダー以外の無垢材も同様です)

⇒レッドシダーウッドデッキを長く保つためのお手入れ by WOODY ROBERT

ウッドデッキ エコアコールウッド ベランダ

以下、内容を一部ご紹介させていただきます。


<長く保つためにやってほしいお手入れ>

・デッキの表面・床板の間には土ぼこりやゴミなどをつけたままにせず、雨が溜まらないようにきれいにしておく
・デッキ上のプランターや棚などは、時々置き場所を変えて、湿った場所を乾燥させ、またデッキ下の風通しもよくする
・無リン洗剤で定期的にデッキの表面を洗浄する
・薄めた家庭用漂白剤を塗ってカビの発生を抑える
 (酸素系漂白剤か酸素系漂白剤を含んだ洗剤を使用する、又は市販のデッキ洗浄剤などを利用する)
・洗剤および漂白剤を使用した後は、必ずしっかりと水洗いをして自然に乾燥させる
・溶剤系油性ステインの塗料で再塗装する
 (塗料により使用方法が違いますので、塗料販売業者の説明に従って下さい)
塗装をすることにより、大きな色の変化をおさえ、風雨から材を守ってくれるほか、材を老化させる紫外線からの影響を防ぐ効果があります。

<やってはいけないこと>

・高圧洗浄は、デッキの表面を傷つけるため行わないこと
・塩素系漂白剤は木を傷めるので使用しないこと
・塗料は浸透させることによって長持ちします 
 塗布しすぎると膜となってしまうので注意

日陰のコケ対策には、酸素系漂白剤を溶かして塗るのがおすすめです。あとで水洗いしてくださいね。

メンテナンス塗装の場合は、最初と同じ塗料を塗る方が良いです。最初より色を濃くしてもいいですね。

無塗装で自然にグレー化させるのもいいなぁと思うのですが、高温多湿の日本ではなかなか無塗装できれいにグレー化しづらいようです。

⇒レッドシダーウッドデッキを長く保つためのお手入れ by WOODY ROBERT

トップへ戻る