東京小旅行(千鳥ヶ淵の桜・Book and Bed Tokyo・築地・飯田橋~神楽坂)

こんにちは、テラス木蓮 泉です。
さいたま市から近くて遠い東京。(通勤圏内ですが)
日帰りできるところへあえて泊りがけの「旅行」をしてみることにしました。

東京駅を降り、こんな雑木林の小道を抜けてお堀をまわって、

雑木林の小道

丸ノ内ガーデンタワー脇 雑木林の小道。芽吹きの季節です

サイクルポート前に黒竹の塀。完全に隠れるわけではないけど、ぐっと雰囲気が良くなっています。

お堀の枝垂れ桜

最初の目的地:国立近代美術館

東京国立近代美術館ののページ。
国立近代美術館
春祭りとして、なんと常設展示が無料公開されていました。
作品を前にして10分間のトークに自由に参加できるスタンプラリーがあり、これが良かったです。
ふだん美術を見て「良いなぁ」と感じても、なかなか10分立ち止まって見ることはありません。でも、スタッフの方が一方的に解説するだけでなく、参加者の感じたことを引き出しながら会話のキャッチボールをしてくれたので、あっという間でした。
春の長瀞がモチーフになった屏風絵が印象に残りました。

一保堂のお抹茶。春祭り期間のみ出店のようです。
その場で立ててくれるのですが、大変な人気で、もう店員さんがすごく忙しそうでした。手間がかかりますもんね。外国の方が動画を撮ってました。
国立近代美術館

その後、近いので千鳥ヶ淵を目指してみます。
かなりの人出なのですが、今年の桜は遅め。まだ半分も咲いていませんでした。

地下鉄で池袋へ。都心は少し歩けば地下鉄駅があって、どこへでも行けてやっぱり便利ですねー。
「泊まれる本屋さん」がコンセプトの、Book&Bed Tokyoに来てみました。

「泊まれる本屋」がコンセプトのホステル BOOK AND BED。本を読みながら寝落ちできる、そんな至福の「寝る瞬間」をご提供。

本棚の奥の押入れみたいなスペースが宿泊場所です。わくわくします。
春休みのせいか、デイタイムも宿泊もいっぱいのようでした。見た感じお客さんの半分くらい外国の方です。
本は図書館のように大量にあるわけではなく、カフェのようにセレクトショップのように、選んで編集して置かれています。

Book & Bed Tokyo

Book & Bed Tokyo

それほど広くないビルのフロアを立体的に使って、コンセプトに合う空間を作って、ここに泊まることが楽しい体験・・・という訴求ができているので、価値を生んでるなぁと感心。また、そういうのが成り立つのが東京だなと。
だって、できることやコスパでいえばマンガ喫茶の方がずっと…ってなりますから。

さて2日目、せっかく朝から東京にいるので(もちろん家からでも朝に来られるけど…)
まずは築地場外で海鮮丼を食べて…
飯田橋~神楽坂を散歩することにしました。

飯田橋駅前のカナルカフェ。桜シーズンとあって、開店1時間前でしたが10人ほど並んでいます。
飯田橋 カナルカフェ

旅の終着点は神楽坂の「かもめブックス」。神楽坂特集では必ず取り上げられるブックカフェ。

野草の手紙」という本を買って読みました。

Amazonでファン・デグォン, 清水 由希子の野草の手紙 草たちと虫と、わたし 小さな命の対話から。アマゾンならポイント還元本が多数。ファン・デグォン, 清水 由希子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また野草の手紙 草たちと虫と、わたし 小さな命の対話からもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
紙の本を買うことは減ってますが、これは持っておきたい本。

もっと行ってみたいところがいろいろありましたが、ゆっくりなので今回はこのくらいで。

日帰りできる場所でも、「旅行」といううきうきした気分で取り組むと、新鮮に感じました!

トップへ戻る