質問で振り返る、シリーズ(4)

こんにちは、テラス木蓮 泉です。
引き続き、コミュニケーションや情報発信についての質問に答えてみました。

「テラス木蓮の’中の人’ってこういう人なのかー」
って思ってもらえたらうれしいです。

シリーズ(1)
シリーズ(2)
シリーズ(3)

Q6. 人生の中で修業期間(失敗、挫折)だったと思うことは?

これはたくさんあります。ぶつかって曲りくねりながら生きてきました。
大きい集団に馴染めず、空や緑を見ながらぼーっ空想としている子供でした。

アッツ桜白

大学院に進んだけれどついていけず、社会人になると都会のビル生活にバランスを崩し、仕事のあいまに公園でぼーっとする日々(都内には、広くてすてきな公園がたくさんあると気が付きました。)
ひとがホッとできるような、美しい場所を身近に作りたいと思いました。

スクールに入り直し、仕事を変えてガーデンデザイナーになったれけど、会社の中で子育てと両立するチャンスはなく、「誰も雇ってくれないから」という単純な理由で独立しました。今思えば楽天的です。

それで、週1日から仕事をはじめ、子供の成長に合わせて少しづつふやし、生活とのバランスが取れるようになりました。
とくに乳幼児がいるとき、仕事と生活のバランスを自分でデザインできるとすごく心強い、と思いました。
このときの経験から、「ママになってからの働き方デザイン」という小冊子を仲間と作ったことも思い出です。

いまはもっとチームでの働き方をしてみたい、少し違うこともやってみたい、と感じてます。

振り返ると、いつも何かにぶつかって、そのたびにボールが跳ね返るように方向転換してきたようです。つぎはどこに進むのかな、と自分でも思います。

「7つの質問」メールレッスン より(ご許可を得て回答掲載しています。)

トップへ戻る