木蓮の秋の小庭 コバルトセージ、ガウラ、ムクゲ、ムラサキシキブ

こんにちは、テラス木蓮 泉です。

9月も後半。台風が何度も接近通過し、雨の多い9月でした。

初夏から咲き続けたムクゲ、そろそろ今年は終わりでしょうか。
ムクゲ 青空

ガウラも花期が長い!コスパ(?)いい宿根草ですね。
ガウラ

いよいよ満開のコバルトセージです。
小さな花が順に咲く感じなので、満開感はあまりないですが。
野の風情です。
こぼれだねで1株増えて、今年は子株が親株と同じ大きさになりました。
春・夏の2回切り戻しすることで、丈を抑えて咲かせることができます(それでも腰丈くらいになります)
コバルトセージ

コムラサキシキブ、実がいっぱいついてます。
この低木はちょっと不思議な木で。春新芽が出るのが遅く、しばしば「…枯れたの?」と思うのですが、ちゃんと生きてます。
コムラサキシキブ

クレマチス仙人草、花が終わりました。(ので、ポストとインターホンを救出する程度に切り戻しました)
花後、実がつく様子も面白いんです。なんとなくユーモラス。
仙人草 花後

トップへ戻る