4月の木蓮の小庭・新都心のみどり

こんにちは。テラス木蓮デザイナーの泉です。
木蓮の小庭、4月後半。

クリーピングタイムが満開になりました。
冬のあいだは茶色くなるので、「もう枯れてきた?」なんて思ってしまうのですが、春にはこの通りです。
DSC_0047_2

ハーブの「ルー」です。
新芽が出てきました。
独特の香りでねこよらず、なんて売られてたりもします。
DSC_0051

シンボルツリーの株立ちコブシも、芽吹き。
今年はつぼみが数個しかつかず(去年、いっぱい咲いたせいか)
その貴重なつぼみ、ぜーんぶヒヨドリさんに食べられました。おいしいのかなーー。
DSC_0045

こちらは株立ちマルバノキの芽吹き。
半日陰にも適する中木で、使いやすく大好きです。
(木蓮は、ま南で暑すぎるのですが・・・)
DSC_0039

こちらは何かというと・・・
アメリカコデマリの枝を、1か月前にさし芽して根付いたもの。
剪定枝を、ほんとにそのへんにあった鉢に「ぷす」とさしただけだったのですが、春は根付きやすいですね~。
DSC_0037

木蓮の近くにある「さいたま新都心」には、たくさん植栽があります。
いまどんどん花開いているところ。
これは、ドウダンツツジ。

DSC_0056

いまにも咲きそうな、ハナミズキ

DSC_0054

こちらは、花弁が緑色の八重桜です。(上落合公園)

gyoikou

トップへ戻る